2016年09月



初めましての方は初めまして、そうでない方はご贔屓に。
ばべるです。構築記事以外ではこの挨拶を使うのも初めてかもしれません。
今回は個人的な思い出と共に6世代を振り返っていこうという、これまでに類を見ない自己満足に便乗して記事を書いていきます。

ですので興味の無い方は今の内にブラウザバックしておくか、興味を持つことをおすすめします。

いつも通り、本文は常体でPCからの見易さは非考慮ですのでご了承下さい。




・XY…シーズン1
BW2最強実況者決定戦、という伝説的な大会企画でガチ対戦への興味関心が高まりレート初参戦。修学旅行でヤヤコマ厳選するほどのめり込んでいた。厳選が楽すぎて涙が出た思い出。ガルーラの強さに気付く。


今見たら蕁麻疹が出そうな構築

最高16xx  最終1525



XY…シーズン2
ポケムーバーで過去作の準伝や教え技が解禁され、完全体ローブシンがガルーラを破壊すると噂されていたので使ってみたところ、破壊するどころか逆にガルーラに破壊された。サイクル構築を組んでみたが全く使いこなせなかった。弱体化を受けていたはずのキノガッサの強さに気付く。



トゲキッスでレボルトを突破したことしか覚えてない

最高179x  最終1718



XY…シーズン3
鬼火ゴツメファイアローという、今当たったらイライラでペンでも折ってしまいそうなポケモンも、当時は画期的で天才だと思い嬉嬉として使っていた。ライボルトはミラクルで流れてきたラクライがめざ氷で、優しい人もいるなぁと思い育成して使っていたが後日個体値を測定したらS26だった。



この頃はトゲキッスを最強だと思っていた

最高19xx  最終1805



XY…シーズン4
この辺りから、Twitter(リア垢)でポケモン勢を沢山フォローした。Twitterの名前はまだ名字だった。初めて2000に乗れて嬉しかった。最終日に師と出会い2回オニゴーリにボコられる。残飯毒ガルドが流行り天才かと思っていた。



メガ鉢巻眼鏡珠メガゴツメの脳筋スタン

最高2012  最終2012



XY…シーズン5
初めて2100に乗り尋常ではないほど学校の友達に自慢していた。師も2200に乗っていたので、追い付こうとして保存することなく果敢に潜るも、クソザコマンさん(はるかぜさん)→またただいまさんの2連戦でボコボコにされ実力の差を目の当たりにした。ゲンガーの強さを知る。



シーズン4と同様だが初めて配置に気を遣った

最高2112  最終2006



XY…シーズン6
黒歴史の始まり。冬の時代。師と通話しまくっていた私はすっかり思想に染まってしまい、満を持してオニゴーリを育成。ハッサムサーナイトレボルトを3タテして以来、悪魔に取り憑かれる。



たしかこんな感じだが正直よく覚えていない

最高205x  最終1756



ORAS…シーズン7
新作が出るも準伝厳選が余りにも面倒、、、というのは建前でオニザードの闇は深く社会復帰できていなかった。ボタンをポチポチ押してたら2100手前までいってしまった。



たしかこんな感じだが正直よく覚えていない

最高208x  最終19xx(PGLのデータが消えたので定かではない)



ORAS…シーズン8
闇からも開放されようやく2200を達成した。最終日昼の2時に潜り2188から勝って2200ちょうど、そのせいで深夜には60人くらいに順位を抜かれヌカ喜び。未だに99位をネタにされる。何度も言うがこのシーズンは2200〜2214までは実質同順位であり、私をバカにできるのは2200から潜った者だけである。浪人した。



詳しくはこちらをどうぞ
今読んでみたが読みづら過ぎて申し訳ないレベル

最高2200  最終2200



ORAS…シーズン9
かつてないデフレシーズンだったが2000↑で安定的に戦うことができ、少なくともオニゴーリの頃の弱さは払拭できたと思っている。この頃、師が勝てないのと多忙なのと年齢を言い訳にポケモンを辞める。HDアローが登場し、天才かと思っていた。



詳しくはこちらをどうぞ

最高2136  最終2112



ORAS…シーズン10
今でこそ数は落ち着いているが、当時の厨パの流行り方は異常だったので初めて環境メタを意識して構築を組んだ。構築段階で立ち回りを想定しておくことの重要さを知ったと同時に2200の遠さを改めて痛感した。この頃スプラトゥーンが発売し、一緒にポケモンを考える人の層が変わった。



詳しくはこちらをどうぞ

最高2133  最終2116



ORAS…シーズン11
潜らないぞー!と誓い河合塾に通っていたものの、無理だった。同じ河合塾のポケモンをやっていたリア友と鉢巻マンムー面白そうだよなwwwwと冗談でラウンジにて語っていたのを本気にして構築を組んで潜った。突貫構築にしては満足しているが、当時は何を考えたか最強トレーナーのとある方に、構築あげますよーwwwなどと宣っていて恐れ多いにも程があると思う。



詳しくはこちらをどうぞ

最高2105  最終2048



ORAS…シーズン12
授業中にゲンガナンスいけるんじゃないかと思案し続けた結果、潜らないぞー!との鉄の誓いを簡単に破って潜った。チャレンジ手前くらいまでいったが、惜しくもオニゴーリの絶対零度に1発で被弾してしまい自分の過去の行いを呪った。この頃からインフレが激しくなる。



詳しくはこちらをどうぞ

最高2171  最終2031



ORAS…シーズン13
センター試験があったので、いくらなんでも潜らないぞー!と決めていたがセンター試験が終わると一瞬で帰宅して潜った。潜って25(?)連勝したあたりから違和感を覚え、その違和感の正体が隔離サーバーであることに気付いたのが最終日の午後3時。前日の連勝の余韻からかドヤ顔でレリセするも無念のタイムアップ。バカかと思った。



このシーズン唯一の収穫はラムナットレイ

最高203x  最終179x



ORAS…シーズン14
データが消えた。萎えていたがTwitterで出会った仲間や心優しい方々に救われ、ストーリーから個体調達までを4日で終えた。この場を借りて改めてお礼を。構築はラムナットレイの強さだけは確認したのでそこから組んだ。終盤に2位になって浮かれてたら2200いけなくて涙を飲んだ。この頃から通話窓ができ、お互いを高め合おうとしていたが大富豪しかしていなかった。志望校に合格した。



詳しくはこちらをどうぞ

最高2151  最終2052



ORAS…シーズン15
このシーズンは鬼のように勝てず終盤になっても勝てないのが続いていたが、とあるXY最強クラスのシャワーズに、受けループどう?と勧められ使ってみたら簡単にレートが上がり、実に7シーズンぶりの2200を達成した。その時は2200から潜ることを目標にしていたので意気揚々と潜ったが、300下の強者に負けてズルズル溶けた。



詳しくはこちらをどうぞ
パクリ元の方が勝ちにくくなったのは私とシャワーズの影響が少なからずあると思っているので、その件に関しては本当に申し訳なかった。

最高2202  最終2060



ORAS…シーズン16
ゲンガー(ガルーラに強い駒)+バンギ(ゲンガーに強い駒)+詰めの駒(ガルゲン以外に強い駒)が強いことを前期学んだため、そこから構築をスタートさせ改良を重ね、2シーズン連続の2200を達成できた。最も充実したシーズンだったと感じている。唯一の後悔は最強だと思っていた構築で2200から潜るのを辞めてしまったことだが、それでもこの筋の構築における一つの完成形を作ることができ嬉しかった。



詳しくはこちらをどうぞ

最高2211  最終2211



ORAS…シーズン17
前期、前々期と、ある程度満足のいく結果を出して自惚れていたことに加え、自らの思考を放棄し勝っている人の構築をパクることばかり考えていたため当然のように勝てなかった。思考ゲームで思考放棄することの愚かさを知った。一応シャワーズから構築をもらい潜ったが2100にも届かない体たらくで申し訳なくなった。



詳しくはこちらをどうぞ

最高2060  最終1966





【終わりに】

ここまで読んでくださった方(いるのかな?笑)、お疲れ様でした。ありがとうございます。
長かった第6世代も終わりを告げようとしていますが、この世代から得た人脈が結果より何よりの宝だと思っています。
強くなるために一番必要なものを得ることができ、私はとても幸せ者です。

7世代でも頑張って頑張って頑張っていくので、どうぞよろしくお願い致します。
皆様からの寵愛を賜れたことに感謝しつつ、結びとさせていただきます。




勝てませんでした!!


----------------以下、言い訳。


今期は魔境でした。
例を挙げるとキリがないですが、強いて1つ挙げるならガルーラにルカリオ受け出しする、とかです。
それに対応できないのは自分の弱さなのか、それともそれに対応したらプレイヤーとしての質が落ちるのではないかと考えてしまい、一言で言ってしまえば萎えました。


運ゲのバカもいつもより多かった印象でした。
そのおかげと言うべきか、私がやりたいポケモンは突き詰めると"読み合い"を楽しむタイプだということがわかり、ORASにおける1つの収穫になったかなと思います。
収穫と言ってはいますが、読み合いの存在しない運ゲのバカと当たるのは苦痛極まりないものだったのでこちらも今期の萎えました要素の1つです。


勝てなさ過ぎて構築を変えまくったのも良くなかったです。
以前私は自分の記事で同じパーティを信用して使え、などと偉そうに語った覚えがありますが、今期はそれを無視して構築を変えまくりました。
当然ですが使い慣れない構築で勝てるほど甘いゲームではないですから、ズルズルとレートが下がりました。
知り合いの多くが同じパーティをずっと使い続け2200を達成していましたので、サンムーンではこの反省は必ず活かします。


総じて今期は
ゴミのような対戦:見知らぬ方とのアツい試合:たまに当たる知り合い
の割合が
9:0:1くらいで、ただただ対戦を楽しめていなかったのが一番の敗因だと感じました。
好きなゲームくらい笑ってプレイしたかったので、今期の最大の後悔はそれでしょう。



長い長い言い訳でしたがもし読んでくださった方がいれば、ありがとうございました。




ゴツメボルト展開

意地鉢巻ガブの最大の障害が相手のガブリアスであるため、それを起点に全抜きできる印パルシェンを採用したところからスタート。
また鉢巻ガブはABガルーラや最速ガルーラに不利をとるが、それらはゴツメ+逆鱗で縛れるので最速ガルーラに電磁波を確実に撒けてガルーラを最低限削れるゴツメボルトを採用した。

残りの3匹は相性の良い組み合わせが思い浮かばなかったので割愛。



ボルトロス@ゴツメ
10万挑発めざこおり電磁波
臆病HSベース


パルシェン@印
からやぶ氷柱ロクブラつぶて
陽気ASベース


ガブリアス@鉢巻
逆鱗ダブチョ地震エッジ
意地AS




脳死でボルトガブパルの選出をしても勝てる点は良かったが、自分のやっていることがポケモンではなくただのギャンブルだということに気付き放流することにした。






↑このページのトップヘ