前回の記事で
上位プレイヤーは立ち回りミスがないという土台の上で戦い、選出勝ちした方が勝つ。
と述べたが、そもそもこの立ち回りミスについて深く述べなかった。
そのため今回はプレミについて考えてみる。あくまで個人的な考えなので悪しからず。


一言にプレミと言っても色々あるだろう。
・不利対面居座って殺される
・有利対面で余計な交換読みをして殺される
・押しミス
・トリルや天候ターンの数え間違い
…などなど。多くの人はプレミとは何か聞かれたらこの辺りを答えるのではないだろうか?

ところで上記の例、実はプレミでない(と私が考えている)ものが含まれているがお気付きだろうか?



察しの良い方ならわかると思うが、上2つは傍目にはプレミに見えてもそれはあくまで"結果論"である。
なぜ結果論か。行動に"理由がある"からだ。


例えばボーマンダvs化身ボルトロス対面。
明らかな不利対面vs有利対面である。ボーマンダが居座ったら電磁波やめざ氷で殺されるため居座りはプレミ………?だがほとんどのボルトロスは悪巧みやら草結びやら気合玉を打ってくるので、実はボーマンダが居座った場合ボルトロス側は交換読みすることがプレミになってしまう。

先日見た知人の試合ではボルトロスが悪巧み、ボーマンダが毒毒を選択しそのまま試合が決着したように見えた。
一見するとボーマンダがヤンキーしてボルトロスが深読みで自滅したように見えるが、それは結果論でしかなく両者の行動にはちゃんと理由がある。(わかると思うのでこの場合の両者の行動理由については詳しく言及しない)


理由があるということは、100回やったら少なくとも50回以上は通るということだ。半分以上通らない行動は合理的でないので今回は考えない。

私はそれなりの理由に基づいた行動で失敗しても、それはプレミではないと考えている。
例えばさっきの場面で、100ボーマンダのうち80ボーマンダが交代してくるならガンガン悪巧みなどを押していくべきだし、20ボーマンダは切ってしまっても良くその切った20ボーマンダもプレミではない(レート収支で言えば単純計算で60回勝ち越せているため)

結果論うまくいくなら不利対面居座りも断然視野に入るし、結果論うまくいかないなら有利対面は素直に行動するべきである。
結論としては、大幅なプレミをする人はそうそう居らず「通る結果論を経験から導く」ことが大事である。ということ。



…が、そもそもボルトロス対面でボーマンダが居座らなければならないなら、ボルトロス入りに初手ボーマンダを投げるのはやはりプレミな気がします(矛盾)